上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.11 地震
きな地震がありました。
 ちょうどその頃、東京の墨田区で本社研修を受けている真っ最中でした。大きなテーブルに新人5名と部長、テレビモニターの向こう側から関西の新人3名が参加している状態です。
 部長がお話されているときに、ゆっくりと揺れが始まり「おや?」と皆気付きました。窓にかかるブラインドが左右に揺れていてホワイトボードがカタカタいっています。全然揺れが収まらず「長いねー、怖い」と口々に言い始めたかと思うと揺れが強くなってきて他の部屋からもドタドタと物が落ちる音がし始めました。
 誰かがドアを開けておいた方がいいと言うので、ドアを開け部長の「一旦机の下に潜った方がいいね」という声で新人は机の下に潜りました。もちろん皆着物ですが。
 しっかりと机の脚を握っていましたがかなり揺れます。初めて「死ぬんじゃないか」という恐怖を経験しました。大きなテレビが倒れ、姿見が倒れ、他の机と椅子がぐちゃぐちゃに滑っていきます。
 テレビモニターの向こう側から「大丈夫ですかぁ?こっちも揺れてます。」と関西チーム。もう研修続行は不可能と判断され、近くの公園へ避難することになりました。
 着物姿の大人がわらわらと集まっていくと、近くのママたちが心配そうにお子様連れで集まっているところでした。とりあえずもう帰っていいよと言われ錦糸町の駅まで歩いていったのですが、すれ違う人に聞いたら「全線ストップしてて5~6hかかるらしいですよ」と言われました。
 それでも駅に行って正しい情報を聞かなければ!もしかして状況が変わってるかもしれないし!!と駅に着いたらすごい人です。もう券売機は全てストップし、改札からは入ることができなくなっていました。復旧のめどは立っていないとのことです。
 寒さをしのぐために構内にいたのですが、しばらくすると建物内は危険だから外に出てくれとシャッターまで下ろされました。
 日が傾き始めていたのでかなり寒くなってきました。携帯が全然繋がらないのでとりあえず公衆電話の列に並ぶこと2h。こんな日に限って手袋もカイロも持っていません。かじかむ手で何度も携帯をチェックしますがダーリソからは何の連絡も入りません。もちろん電話も繋がりません。
 ようやく公衆電話が自分たちの番になったところで、ダーリソに電話が繋がりました。まだ川崎にいてこれから会社に戻るところだ。錦糸町にいるなら迎えに行くからということでした。
 もう一人の新人は本社に電話をして戻っていきました。私は一人ダーリソを待ちます。なんとか風を凌げる場所を見つけたものの、着物で立ち続けるのは体力が要ります。不安と疲労と寒さでしんどかったのですがそこで2h経過した頃ダーリソからメールで「バスで会社まで来れるか?」との連絡が。バス停に移動しまた列に並びます。来るバスはほとんど回送車になって去っていきます。寒さに耐えながら待っているとダーリソから電話で、つい感情が出てしまい「もう最悪!めちゃめちゃ寒いし!もう4h以上ここにいるんだよ!カイロもないし手袋もないんだよー!絶対具合悪くなるよ!どのバス停で降りるのっ!?」とつい声が大きくなってしまいました。とりあえず降りるバス停をメモしていると前に並んでいたおばさま2人組みが「使う?暖かいわよ」とカイロを差し出してくれました。ハッと我に返り反省しました。皆我慢して長い時間こうして並んでるんだ。自分だけじゃない。
 地理が疎いのですがバス停はここで良いでしょうか?と聞き、千葉なのでもう帰れないので主人の会社で合流するんです。と話すと「私たちも千葉なのよ。だいたいこの辺でうろうろしてるのは千葉方面の人多いわよ。あはは~」と飴をくれました。人の温かさに触れ、身体も暖かくなる思いがしました。
 バス停に並ぶこと1.5h。ようやく乗れたと思ったものの大渋滞で全然走りません。一つ目のバス停まで1h。乗客からのブーイングがひどくなってきます。「降ろしてもらえないか。全然動かないバスに乗るなら歩いたほうがいい」との声が多かったのですが、運転手さんも「道路の真ん中ですから、危険です。次のバス停で降りてください。」と一点張りです。交差点の真ん中で動きません。そのうち信号待ちをしている人が駆け寄ってきてバスを叩き「乗せてくれ」と言ってきたりしましたが運転手さんは「ダメですよー。ドアは開けられません」と断り、なんとかバス停に到着し、多くの人が降りました。それからさらに二つ目のバス停まで30分以上。また他の乗客から「ここなら安全に降りられるからドアを開けて欲しい」と言われ「緊急事態なんだから開けなさいよ」という声が増えて、運転手さんもしぶしぶ「では、自己責任ということで気をつけて降りてください」と出口のドアを開けまた多くの人が降りました。
 たとえ何時間かかろうが、私は道が分からないのでひたすら乗っているしかなくて我慢していました。京葉道路を曲がると普通に走れるようになり、座席も空いてきて座ることができました。うとうとした間にうっかり降りるべきバス停を通り過ぎてしまったのか、よく分からなくて結局終点までいってしまいましたがその頃は動き始めていた電車に乗ることが出来てなんとかダーリソの会社最寄駅に到着。
改札口で待ってくれていたダーリソと、すき家で牛丼を買って会社に。帰れなかったほかの社員の方もいらっしゃる中、数時間を温かく安全に過ごさせてもらいました。

e_01.gif
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。